GACHA-GACHA(杉興安 Okiyasu Sugi氏との共同)のブランドネームを持つテディベア作家、坂田裕行 Hiroyuki Sakataのブログ。テディベアのこと、ベアの教室のこと、そして日常のへんてこなことなどを書き連ねてあります。ホームページは http://www5.hp-ez.com/hp/gacha2/page1 です。
3月18日〜19日 Japan Teddybear Festival 2017

 

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

あっという間に2017年の僕にとってのテディベアの幕開けイベントは恵比寿ガーデンプレイスでのテディベアショーです。

このベアイベントも一回も欠けることなく参加させていただいています。

おそらく今年で25回目(なぜならGacha-Gachaも今年25周年を迎えるからです)

 

長いようであっという間の四半世紀をテディベアと過ごしてきました。

いろんな思い出がありますが、特にこの恵比寿では春を感じさせるイベントで、お客様にとっても僕たち作家にとっても楽しいお祭りです。

 

今回のベアは大きいほうが60cmくらいでSTEIFFとプラダがコラボレーションしたモヘア(おそらく世界で今一番高いモヘア)を使用しました。まだ爪を刺せていないのですが、一足早くお目見えです。

毛がリッチでかなりゴージャスなテディベアですが、こんな生地ほど邪心を捨てて控えめに控えめに作ることが大事なんです。

これにアンティークカラーとネクタイを考えているのですが、いかがでしょうか?

 

小さい方は40cmくらいのラティニティーモヘアを使った作品です。

このラティニティーモヘアはおそらく10数年ぶりに使ったかと思いますが、やはりいい生地です。

優しさと温かさとラフさと上手に表現してくれます。

この生地で作るとベアもどことなく幼くなるのは僕だけでしょうか?

僕はこのラティニティーの生地を思いっきりブラシで引っ掻いてフワッとさせるのが好きでよくやりますが、今回もオリジナルラティニティーの数倍雰囲気のあるベアになりました。ぜひお試しください。

 

それでは、いよいよ来週に迫ってきました。

会場でお目にかかるのを楽しみにしております。

 

遠方からお越しの方はお彼岸の3連休ですので、交通事情を考慮の上いらしてください。

 

 

Posted by : gacha2 | - | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
さっぽろ東急テディベアショー

 

すっかり秋の色が濃くなってきましたが、お変わりありませんか。

 

さっぽろ東急テディベアショーが10月13、14、15日と開催されます。

今回のワークショップではこのベア(坂田裕行)とペンギン(杉興安)を作ります。

ペンギンは定員いっぱいになってしまいました。

ベアの方はまだ余裕がありますので、参加ご希望の方は「こみやまや」までお問い合わせください。

 

いよいよ来週に迫ってまいりました。

今回はテディベア製作のデモンストレーションも行いますので、ぜひ足をお運びください。

 

Posted by : gacha2 | - | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
JAPAN TeddyBear Festival in KYOTO 2016

 

 

ご無沙汰していました~!!

 

いよいよ明日から2日間、京都みやこめっせにてテディベアショーが開かれます。

今年からは新しい会場なので、ご来場の皆様はお間違えのないようにご注意ください。

 

いつもの時期よりは少し早めの開催で、しかもはじめての会場ですからどんなになるかわかりませんが、楽しみにしています。

今年も夜行バスに揺られ京都を目指します。

数日前に痛めた腰がちょっと心配ですが、万全の策を講じて乗車します。

明日、元気にお会いしましょう。

 

写真のベアは黒です。

28cmくらいの大きさです。黒は本当に難しいですね。

永遠の課題です。

 

水色のベアは小さめで20cmくらいでしょうか。

僕にしては小さい部類です。

作家仲間の飛田さんが花を作ってくれました。

これ一つでグーンと雰囲気アップしました。

 

 

Posted by : gacha2 | - | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
テディベアコンベンション・有楽町2016

 

関東地方もやっと梅雨が明けたと思ったら、いきなりの猛暑でひいひい言ってます。

待ちに待ったテディベアの祭典「第24回日本テディベアアンドフレンズ・コンベンション」が今週末有楽町の国際フォーラムで開催されます。

 

【開催要項】

http://www.jteddy.net/24convention/index.html

 

おそらくかなりの猛暑になるかと思われますので、お出かけの際には充分に注意をしてください。

 

さて今回もあいも変わらずスタンダードなベアを作りました(というかこれしか作れないのです、はい)。

テディベアを作り続けて24年、よくも飽きもせずせず作り続けてきたもんだ。と自分でも思うのですが。

飽きないんですよね、これが。

 

今回の一番最後に出来上がったベアは、アルフォンゾ・レッドの燃えるような赤のベアです。

下地が黄色で毛がどちらかというと発色のいい赤なので好き嫌いはあるかと思います。

最近の日本ではこんな赤はあまり見かけない、中国国旗の赤に近いですかね?

 

この週末はぜひ有楽町国際フォーラムにいらしてください。

 

 

 

 

 

Posted by : gacha2 | - | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ジャパンテディベアフェスティバル2016(恵比寿にて)


3月19日・20日はジャパンテディベア(株)が主催する「ジャパンテディベアフェスティバル2016」に出展した。
自慢になるのは初回から1度も休まず出展していること、継続は力なりですか。
会場は恵比寿ガーデンプレイスという世界的にもベアショーの中ではかなり好条件の整った会場である。



いつものように朝5時発の高速バスで日立から一路東京へ。あいにくの雨模様。(雪や嵐の時もあった)
当日搬入・テーブルセッティングという強行スケジュールで休むまもなくベアショーのオープニング。
180cmX45cmのテーブルが所狭しとなってしまった。向かって左側が僕のベアで右側がGACHA-GACHAの相棒杉さんの作品です。



開始早々、先輩作家の吉川照美さんが、このベアにどうかなあ?ってアンティークのカラーを持ってきてくれた。
これがまたこのベアにとてもよく似合っていてびっくりしました。
ずいぶん前からこうやって使おうと自分でもアンティークカラーを買い集めてはいたのですが、できたベアにつけてもどれもベアが拒絶するかのように似合わなかったのであきらめていました。また引っ張り出して試してみようっと。
(この写真は写真家楠本さんが撮ってくれました)


今回、このブルーのベアをFacebookに載せたのですが、おかげさまで皆さんから好評をいただきました。
案外そういったベアはなかなか売れることはなく、二日目の午後に来られた方が「もうないと思ってたのに」とこのベアをお連れくださいました。ありがとうございました。
そうなんですよ、どんなものか僕のベアはベアの方が待ち人を待っているかのようにその人が来るのをじっと待っている癖がある(笑)



ひとしきり会場が落ち着き始めてくると、他の出展者の作品を見にあちこちと忙しい。
今回も「針山さん」作のピンクッションを買った。
毎回技術的にも機能的にもグレードアップをしていて思わず欲しくなる。
テーブルの上は風景や動物をモチーフにしたピンクッションでいっぱいです。
ピンクッションなんて1個あれば充分のはずだが、コレクションをしたくなるくらい素晴らしい作品です。
会席料理の箸休めのような存在で、ベア会場にはなくてはならないような気もします。
日本よりも海外のベアショーなどではきっと大人気を博すことでしょう。


初日はあっという間に時間も過ぎてあれよあれよと終わりますが、二日目はわりとのんびりした時間が流れます。
ベアショーの楽しみの一つは他の作品を見て回ったり、自分のためのコレクションを物色したりすることです。
僕たちよりも先輩の作家の方たちは本当に素敵なコレクションをお持ちです。
駆け出しの頃はうらやましくてうらやましくてとても素敵に思えました。
その先輩たちのすばらしい作品の源はこういったコレクションなのだと思うようになりました。

自分の作品が売れた以上にものを買うために出展してるのかと思えるほど、またそのコレクションを自慢しあいそこから大きくいろんな勉強ができることも多々あるのです。
コレクションにはもちろん好きなものしか買いませんが、作家としての資料でもありある意味自己投資なのかもしれません。
どんなに長くベアを作っていてもうまい作家はたくさんいるが作家としての格、ベアの格とでもいいますか、そういったものが光る作家は今は少なくなった。

多くのものから学び、知り、それを作品に反映できる作家こそが素晴らしい作家なのではないかと思う今日この頃です。
たくさんのご来場者の皆様、スタッフの皆様、大勢の出展者の皆様、今回もありがとうございました。
次回僕たちは7月、有楽町の国際フォーラムのベアショーに出展します。
毎回ですが、有楽町で逢いましょう。♪

 
Posted by : gacha2 | - | 11:51 | comments(1) | trackbacks(0)| - |
我が愛しのテディベア



ずいぶんとご無沙汰でした。今は製作に追われる日々を送っています。
もうすぐ(3月19日・20日)恵比寿のテディベアショーが開催されます。

たくさんの皆様のご来場をお待ちしています。
詳細はこちらのリンクでご確認ください。
http://teddybear.co.jp/event/festa/2016t.html

この写真のベアは少し汚れていますが1950年代のSTEIFFのオリジナルテディ42cmです。
凄く可愛いと思いませんか?
僕はこのベアに一目ぼれしてしまいました。

Facebookのマイフレンドさん(ドイツ)が売りに出していてどうしても欲しくなりコンタクトを取りました。
その甲斐あってまもなく僕の家にやってきます。
50数年という歳月を超えて海の向こうからはるばると飛行機に乗ってやってくるんだと思うと今から気分はわくわくしています。

海外から直接ベアを買って送金したりしたのは初めてで、ここまでしてもなぜこのベアが欲しかったのか?
自分自身はもとより多くの方がそう思っていらっしゃると思います。
いつもはめんどくさい、とか言ってなかなか腰が上がらなかったりしてあきらめていました。

今回、そんなめんどくさいことまでしてこのベアが欲しくなった理由は、このベアの持っている独特の雰囲気です。
僕が思う(というかそうあって欲しいと思う)テディベアにとって必要な要素がすべて備わっているような気がしたのです。

STEIFFの持つ重厚さ、包容力、チルターンの持つ愛くるしさ、そしてハーマンの持つどこか抜けたような感じが何とも言えず魅力です。

このベアを見ているとまた多くのことを教えてくれているようにも思います。
自分も何十年後かにはこうなっているであろうベアを作りたいと強く思わされます。

このベアの持つ雰囲気は作り手がどんな技法を使って込めて込められるものではなく、ベア自身が何十年も愛されて備わっていくものではないかと思うのです。
人の人格が形成されるようにベアを持つ人の心境や環境によってベアもまたいろんな変化を見せてくれます。

ですから、単純に作る時にはああしてやろう、こうしてやろうといくらがんばってもそんなのお構いなしにベアはどんどん独自のベア人生を突っ走ります。

アンティークベアをみていて僕は出所なんかはどうでもいい、ただどうやってそのベアが過ごしてきたか、それを想像させてくれるベアが僕にとっては素晴らしいベアだと自分自身の基準を決めています。

このベアにはそんな基準をすべてクリアさせてくれる何かが備わっています。
僕のところにわざわざやってくる意味をいろいろ考えさせてもくれます。
愛されてきた証を絶やすことなく持ち続けると言うことは人間にとってもまたベアにとってもとても難しいものかと思います。

これからもそんなベアに出会えることを楽しみに、(アンティークベアはどんどん少なくなっていっています)日々のベア作りをがんばります。

恵比寿でお会いしましょう!
Posted by : gacha2 | - | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
クリスマスベアイベント 「どうぶつたちのクリスマス会」




横浜のクリスマストイズで開かれる今週末からのイベント。

ベアとブタ🐽が参加させて頂きます。
(ブタとベアは仲良しですがセット販売ではありません😁)

クリスマス前には絶対に行きたいお店です。

...

クリスマスベアイベント
「どうぶつたちのクリスマス会」

■【参加作家】
梅津恭子(Plum's )
大國早苗(whimbear)
坂田裕行(GACHA-GACHA )
杉興安(GACHA-GACHA )
タチムラシヲリ(gecko)
ホリサチコ(dotipotti)
湊敦子(谷中のZOO)
■会期:
2015年
12月5日(土)〜12月6日(日)
■展覧会 会場:
クリスマストイズ
〒231-0862 横浜市中区山手町239
■営業時間:
9:30〜18:00
(土・日・祝日は〜19時)
■TEL: 045-623-1696
※販売方法
販売方法につきましては、クリスマストイズのblog
(現在は一時的にトイズクラブのblog)にて
イベント前日までに詳細をお知らせします。
◆トイズクラブblog
http://ameblo.jp/toysblog/

Posted by : gacha2 | - | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
やってきた2つのベア


いずれも家にやってきたベアです。
パディントンとグリーングレーの大きなベアです。
家で一番おおきなベアになりました。

京都のベアショーも無事に終わり、最小限に京都と触れ合って帰ってきました。
行き帰りとも高速夜行バスでしたが、ほとんど寝られたのであっという間の8時間でした。
日本は小さいから何処に行っても楽です。
中国はアメリカでの移動のことを考えると、どこに行っても苦になりません。

京都のベアショーは毎年出展者が減るばかりで(どうしたものか)、それなりに盛況ではありましたが、
Facebookでも書かせて頂いた様に、イベントの終了時間前(2時間くらい前から)にそそくさと片づけを始めてしまう作家が目に付きました。
しかも駆け出しの作家ではなく、それなりに長く活動され、海外のショーにも出て賞なども取っている作家達でした。
そういった行為は周りにも迷惑をかけ、しかも連鎖反応を引き起こし、あちこちでお構いなしに片付け始めたのです。

僕は個人的にはこれはファールだと思います。
なぜなら、まだ会場にはお買い物されているお客様が数名でしたがいらっしゃるからです。
たとえ自分のブースにはいなくても会場内のお客様に対して舞台裏を披露するのはどんなものでしょうか。

自分がコンサートに行ってラストに近づいてきて周りのスタッフが撤収の準備をそそくさと始めたら、どうですか?
興ざめしますよね? そんなコンサートにはまた行きたいと思いますか?
レストランで食事をしていて閉店時間前にスタッフが片付け始めたらどうですか?
そんなレストランに行きたいですか?
それと同じような行為をお客様の目の前で平然と演じて見せるのはどうかと思うのです。

準備も撤収もお客様の目に触れないようにして、ベアをお見せするのが自分のベアに対する敬意でもあると思うし、お客様への最上のサービスではないかと僕は考えます。


 
Posted by : gacha2 | - | 11:09 | comments(1) | trackbacks(0)| - |
明日から…京都


いよいよ明日からですね。
久しぶりにミッドナイトブルーのベアを作りました。
17〜8僂らいでしょうか?
僕にとってはミニチュアを作るようなものですから、きつかった!

ここ何日かの急な朝晩の冷え込みで風邪っぽくはありますが、なんとか
だましだまし京都まで乗り切ろうと思います。

たくさんの皆様にお会いできるのを楽しみにしています
Posted by : gacha2 | - | 05:22 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
今週末は京都でお会いしましょう

いよいよ今週末に迫ってまいりました。
京都でのテディベアショー、たくさんのベアファンの皆様のご来場を
お待ちしています。

今年のサーカスドリーは宇治抹茶とほうじ茶をぶっかけたような
不思議なマーブルに染まった生地を使って作ってみました。

別に京都をイメージしたわけじゃないんですけどね。
偶然こんな色に染めあがったと杉さんからがめた生地です。
不思議な色です。

ぜひ実物をご覧ください。
Posted by : gacha2 | - | 20:50 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
TOP